動物紹介

ひびき動物ワールドのワラビー

ひびき動物ワールドでは、イエローフーティッドロックワラビーと呼ばれる、世界中でもここでしか飼育されていない種類のワラビーに出会うことができます。

オーストラリアの、ごく限られた地域の山地のがけや岩場に生息し、その警戒心の強さから、野生のものはほとんど人の目に入ることがないと言われる種類です。

日本名ではしま尾岩ワラビーと呼ばれ、岩場に住み、しっぽにしましまの模様があるのが特徴です。

カンガルーの小型のものをワラビーと呼び、たくさんの種類がいますが、ひびきで飼育しているワラビーは、おとなのオスでも袋から出てきたばかりのカンガルーの赤ちゃんほどの大きさ。

(写真上)左:ロックワラビーのおとな、右:カンガルーの赤ちゃん(袋から出てくる前の仔)

メスにはカンガルーと同じようにおなかに袋があり、そこで子育てをします。

とても臆病な性格の動物ですが、飼育している約120頭のうち数頭だけ人に慣れたワラビーがいて、棲み家の岩場からフェンスを跳び越えて、園内を自由にお散歩しています。

そーっと近づいてみてください。もしかしたら、さわれせてくれるかも!?

数年前までは昼間はほとんどのワラビーが岩山の中に隠れていて、なかなか見ていただくことができませんでしたが、今ではふれあいができるまでになったワラビーもいます。

毎日14時から15時の間、ロックワラビーの餌やり体験を実施しています。普段は入れないワラビーの岩山に入って、ワラビーとふれあい、餌をあげることができます。お一人様300円です。岩山の中で近くに寄ってきたワラビーと一緒にとった写真もプレゼント!!みなさまの参加をお待ちしています!!